肩幅ヒロシ 広すぎてすみません

肩幅が広い人が気ままにつづります。真面目だったり、ゲスだったり。それらにフィーリングが合ったらお気軽にコンタクトしてください。TwitterやFacebookもやってます。

「囚人のジレンマ」と「帰る場所の大切さ」

囚人のジレンマ

お互い協力する方が協力しないよりもよい結果になる
ことが分かっていても、協力しない者が利益を得る状
況では互いに協力しなくなる、というジレンマである
(wikipedia)

変化にはリスクが伴います。

リスクをとってよりよい未来を目指すというのは

リスク規模の差こそあれど、

なかなか選択しづらい場面が多いようです。

大きい規模でいえば、日本の憲法9条のように

全世界が平和のために、戦争をしない宣言ができないでいます。

きっと多くの人はそれを望んでいますが、

先に宣言した強国にとってリスクが大きすぎるのです。

起業をすることはほぼ必ずリスクを負います。

ただ、同時に

自分を信じたり共感してついてきてくれる人にも

リスクを負わせることになります。

国のトップが平和主義を訴えたら、国民にもリスクが降りかかるのです。

準備

いい面ばかりが見えてしまって、準備が整う前にリスクテイクすると悲惨です。

今度は逆に悪い面ばかりが見えてしまったりします。

なかなか正しく物事を見ることは難しいです。

「とりあえずやってみよう」的な発想の私は、

かなりどハマりしました。

リスクテイクする前に必要な準備は、下記だと思います。

1. 誰も教えてくれない業界知識

誰も教えてくれない業界知識みたいなものがあり、
それをおさえていないとそもそもすぐに終わってしまうような、
完全に「どハマり」するケースがあります。

ルールや法律とは別で慣習のようなものがあります。
とくに業界の外の人間がスタートアップで立ち上げようとするときは注意しましょう。

成功した人に聞いても、この知識は得られないことが多いです。
同じような業態を取引先として抱えるような人など、
失敗をいくつも見ているポジションにいる人に聞きましょう。

じっくりと細部まで計画を相談する時間をとることをおすすめします。

2. 生活費(1年分があることが望ましい)

戦国時代からそうかもしれませんが、
食べ物など生きるのに必要な準備が不十分だと、
長期にわたって不利な状況が続くような局面を打開できません。

そして何より、それが不安の種となってしまいます。

リスクをとるときにここには絶対に手をつけないようにしてください。
私は手をつけてしまいました。

3. 仲間(リスクテイクをしてくれる人に限る、実際にリスクをとるかは最後までわからない)

これは2番目に重要です。
あなたは人望が厚いですか?協力してくれる人はいますか?

これに対して「はい」となるだけでは不十分です。

あなたのために死ねる人がいますか?

これは極端かもしれませんが、先の質問よりは真実に近いです。
期待しすぎてしまうことは禁物です。

そして本当にリスクをとってくれるかは最後までわかりません。
「口ではいいことを言う」という人は多いです。
そして、私自身も「口ではいいことを言う」場面があるのだと思います。
仲間に対してそう感じたとしても、決して責めてはいけません。

すべては自分の選択の結果起こっていることです。

4. 帰れる場所(家族や友人、新たな職場など)

これは1番重要です。
家族や友人の助力は必要不可欠です。
「反対を押し切ってでも・・・」はやめましょう。
また、ご両親と絶縁状態にある人もやめましょう。

命さえとられなければ、帰れる場所があるということが
あなたの力になります。

私はまさに勝負どころにいます。

白黒つくような場面でもあります。

準備は不十分でしたが、

帰れる場所があるので、

精一杯トライしていきます。

いい習慣・人に優しく・常に感謝